雑記:012 首の長さ


 色んなメーカーで色んなドールやヘッドが製造され、各社各種様々だから色々なんだろうが、
ヘッドとボディによって首が短くなったり長くなったりすることがある。
例えば、ときメモ2ヘッドと新ナコヘッドでは以下のように異なる。
リナのヘッドは新ナコと同じモノだったわけでもあるが。



 長さにすると5〜6ミリ程度。
といっても1/6スケールだから等身に直すと約3センチにもなる。
普通の人はあんまり気にしないのか、こうした記事は見たことがない。

 しかし、俺が最初に出会ったのがときメモ2ヘッドである花桜梨だからなのか、
どうもこのナコヘッドみたいに長くなるのが個人的に好かんのだよ。
他にはベルダンディーヘッドやさくらヘッド、叶姉妹ヘッドも同様になる。
あやのは大丈夫だったが。

 どうもこれというのは、ヘッドの首穴がどうなっているかによるもので、
ボディとの接触部分がどれぐらい奥に設計されているかが違いを生んでいるわけ。
こいつを解消するのにはヘッドを削るという選択肢もあるわけだろうが、
そんなのは面倒だから、オビツボディの方を削っているわけである。



 だいたいこれぐらい。
ボディのソフビに手を入れるのは抵抗あるかもしれんが、やむを得まい。
段差ができてしまうせいで、ヘッドの保持が多少スカスカするのもあるけど、
普通にしている分には問題ない。ヘッドを持ち上げたら、若干違和感あるぐらいだ。



 この処理で、気になっていた首の長さが均一になるわけ。
今後他のボディを使うつもりもないから、問題が起こることもないだろう。
色々ドールを持ってて、なーんか違和感ある人は試してみてもいいのではないかね。
(2010/01/07)
     
1/6ドール 「偽装の多いカフェ」

Yahoo!.jp

  • ウェブ検索
  • サイト内検索

inserted by FC2 system