雑記:020 自作用生地を調達するには


 ドール服に限らないことかもしれないが、自作しようとするとある問題点にぶちあたる。
作りにくいとか、型紙を起こすのが難しいとか言い出すとキリがないのは置いといて、
最大の難点が、ちょうどいい生地が手に入らないことなのである。

 作ったことのない人は「手芸屋さんにでも行けば生地なんていくらでもあるだろバーカ」と言うだろうが、
あんな一辺倒で所詮手芸用品で、なにより人間向けの生地しか扱っていない店ではろくに生地など揃わんのだよ。
無地のブロードとか、ちょっとしたニットならいくらでも買える、それはいい。
ここでいう問題点はつまりドール用というか、ドール向けの生地なのである。

 何が違うのかというと、生地の薄さや柄物の細かさが一番の相違点。
アゾンやボークス製の既製ドール服を持っている人なら分かると思うが、ああいうメーカーモノは違和感が少ない。
そりゃあメーカーさんは生地から作っているんだろうから、そこらへんで買ってきた生地とは比べモンにならん。
とは言っても、やっぱりああいったメーカー製品並のを自作したくなるのも心理。

 また、単純にドール向け生地というだけではなく、色や質感や材質の点でも入手しずらい生地は存在する。
というか、手芸屋に置いてる生地なんて本当に一般的な手芸用品でしかないので、服地とは言い難い。
俺は主にアニメ・ゲーム系の衣装が好きだが、そうしたモノを作るとなると色がとにかく合わない。
ただそれだけの点でも、探し回らないとならんのよ。

 だから、そうした生地がどうにか手に入らないかと色々見てきた結果が以下だよ。

 1.はぎれ



 安いとこでは100円ショップから、ホームセンターなどで売っている正体不明の生地。
おそらく商業用とかなのだろう、一般の手芸品ではまず見かけることのない生地が手に入る。
珍しいものが安く手に入る一方、同じ店でも1メートルが1点限りなど安定供給ができない。
本当に良い生地に当たっても、果たしてコレを作って消費していいものかと悩む。
ドールイベントでもあるらしいな。行ったこともないし、行く気にもならんけど。

 2.ヤフオク



 別にヤフーに限ったことはないが、ネットからの入手手段。
ショップで普通の販売をしていることが大半だが、まれに潰れた工場の不良在庫が出品されることもある。
チェック系の生地はドールのスカートに出来るほど小さな柄など普通に流通しとらんので貴重。
たまに細か〜いチェックが価格高騰しとるけど、同じような発想の連中でもおるんかね。
こちらもたまに珍しい生地が出てるので、良いものは確保しておきたい。



 とは言っても、前述の不良在庫品などは出品単位がでかいので要注意。
この巫女緋袴に使った朱赤生地も、本来ちょっとでいいのに落札したら17メートルとかw
普通に売ってるヤツより色と質感が本物の緋袴に近いから良いけど、普段邪魔なんだぜ。
1000円そこそこで落札したけど、コレ欲しいヤツいたら1メートル単位で売って儲けられるかね。

 3.裁断



 欲しいと思う生地が手に入らない時の最終手段、既製服の再利用。
色柄や薄さなど、生地として売っていない場合でも、人間がすでにその生地で作られた服を着ていることはある。
だったらそれを服の状態で良いから手に入れて、切り刻んでしまえばいいのである。
人間用の服ぐらい大きなものなら、ドール服など小さなものを数点作るぐらいには事足りる。

 入手経路は前述のヤフオクなどもあるが、古着屋をうろつくのも良い。
ただしこの方法は、人形者の性別によっては社会的な問題性を孕んでいるので気をつけること。
ドール服に流用できそうなイイ生地は主に女性用衣類に多く使われている。
・・・羞恥心など捨ててしまえ、どうせ貴様はすでに人形者だ(ヲイ

 市販しているニット生地はやや厚いので、薄手のチビTなどが狙い目。
サテン系のニットなぞ全く流通していないブツは、キャミソールによく使われている。
ベロアやシルク地なども、生地として買えば高いが、捨て値で売ってる古着なら安く手に入る。
裁断するのがもったいない気がしないでもないが、こだわるなら仕方のないことだろう。

 以上、こんなに色々と手を尽くして生地を入手しているわけ――、なんだが、
どれぐらい作っているかと言われれば・・・、

 要は先行投資である(マテ
(2010/04/10)
     
1/6ドール 「偽装の多いカフェ」
inserted by FC2 system