雑記:027 アゾン製 Fateセイバー衣装ゲット


 今回もいちいち書くほどのことかとも思うが、
個人的にやっとこさな感じで嬉しかったから軽いレヴューがてら書いとく。



 アゾン製のセイバー、その衣装のみ。
ヤフオクで出てたから落札した、というよりも運良く落札できた。
前々から欲しかったが、どうにも安値では終了することがないので毎度手に入らなかった。
なんせ定価が2万以上のドールに付属している衣装である。
衣装単体の出品すら少ない上に、大抵の場合5千円を超えるのはあたりまえ。

 ・・・今でも新品で買えば手に入るとか、1万ぐらいなら即決で落札できるとかは言わないよーに。
定価で買うには高すぎるし、ヤフオクのプレミア会員になるのにヤフーに金を落とすのは嫌だし、
なによりセイバーのキャラではなく、衣装が欲しいだけなので無駄な買い物は控えたいのである。
キャラドルフィを追い剥ぎしたのだって、あまりにも安かったからのことである。

 なんにせよ、手に入ったので一応の紹介はしておこうかと。
ただ、アゾン製セイバーに関しては他にレヴューをしているサイトが多々あるわけなんで、
今回も服の細かい点について言及しておく。

 で、その前に注意点が1つ。
俺が入手したのは、ドルショで販売された植毛セイバーの「stay night」版となる。
一般的にレヴューされているのは後続として市販されたPVCヘッド「hollow ataraxia」版が多い。
あんまり違いはないんだが、その辺に差があることは理解しておくこと。
ていうか、俺はてっきり後者の衣装だと思ってたら違ってたよ。
だから、他所でやってない前者版のことだけ書くわけ。



 まずは一番バージョン違いで異なる、篭手(ガントレット)。
布製グローブをドールにはめてから、マジックテープで取り付けることになる。
なんだが、とにかくはめにくく、ドールの腕から外れやすい。
布地もビニールっぽい化繊であまり強そうな感じがせず、マジックテープの縫製部分が耐えられるのか。

 また、握り手には対応していないため、付属の剣(カリバーン)を持たせるにもマジックテープ。
下のように持たせるんだが、やっぱり保持性は最悪でろくに構えることもできない。
てゆーかさ、それ以前に見た目が悪すぎだっつーんだよ。



 後続品ではソフビ製の握り手になったらしいが、当たり前の改修だと言わざるを得ない。
他の甲冑や剣の出来がすさまじく良いのに対し、あまりにも初期段階で設計ミスってね?
この点が気に入らないからと買い足せるもんでもないから、どうにかグローブを作って対処しようかと。
篭手(ガントレット)の形状が前述の点で微妙に異なっていることで、レア仕様と言えばそうではある。


 注:剣と甲冑は磁石にくっつかない(鉄じゃない)ので、磁石での固定は無理だった。


 武装については他に気になる点もないし、バージョンによる違いもないから他所でも見れる。
ブレストプレートを固定する合皮が弱そうな点は布テープに変更すれば問題ないだろう。
剣がドールに対して大きいのは、原作設定だから致し方が無い(見たことないけどな)。

 ただ、これだけ甲冑にこだわりがあるのに対して、ドレスが曖昧なのは残念だと思う。
本来上着とスカート部分は別なのに一体化してワンピースになってるし、
そのドレス全体の構造は着せ替えを優先させる背面マジックテープ(ベルクロ)仕様となっている。
そのため、ドレス前部の紐が消滅して、甲冑を付けない状態は若干締りが無い。

 おそらく、ドールに不慣れな人間に対処する措置、あるいは単なる低コスト化だと思う。
そも、ドールというよりはアクションフィギュア的な位置にある商品である。
我々人形者ではなくフィギュア愛好家が購入する可能性の方が高いということで、
人形遊びに慣れていなくても着せ替えがし易い構造として作られたのかもしれない。
ま、ドールとしての完成度を求める立場としては微妙なんだがね。

 で、全体的な構造については作り直しでもしなけりゃ無理なんで置いといて、
細かいところについてのダメ出し。



 上記した背面のベルクロ部分。
目立たないように薄いタイプを使ってくれるのはいいんだが、
これって接着が甘いことにもなりやすいんで、事実この通り上がちゃんと止まらない。
他のレヴューサイトを見ても同様のことになってるし、ベルクロを使ったこともあるから分かるが、
これは単なる個体差というわけではない。

 この位置だとどうしても接着しにくくなるのは仕方が無いだろう。
が、個人的にはこういう状態がどうも気になるので、ここはどうにか改造しようかと思う。
マジックテープにすると余計かさばるんで、ファスナーにでもしてやろうか。
一番問題なのは、このドレスって実は裏が全開するタイプ(1箇所も左右の縫合がない)。
なんにせよ、めんどそうな改造になりそう。

 そういえば、写真で着ているベルダンディーはSBのM胸なんだが、どうにか着せられた。
セイバーの原作設定に合わせてS胸基準に作られているようだが、
ワンサイズ上ならギリギリおkみたいである。

 とはいっても、あまり無理をすると細かい縫製に悪いため、
基本的にはS胸にした方が無難ではありそう。
この衣装が似合うのって、他にあんまり思いつかんけどさ。
(2010/10/16)
     
1/6ドール 「偽装の多いカフェ」

Yahoo!.jp

  • ウェブ検索
  • サイト内検索

inserted by FC2 system